アスベストを含む建築用塗膜防水材の解体時処理について

2015年4月17日

各位

東亞合成株式会社

弊社が過去に製造した建築用塗膜防水材には、アスベスト(白石綿「クリソタイル」)を含むものがございます。この製品が施工された建造物の解体工事等を実施する際の除去方法に関してお知らせいたします。

  1. 1.白石綿「クリソタイル」を含有していた製品
    過去に製造した以下1~4の製品(これらを「該当製品」といいます)に、白石綿を添加剤として1%以下で使用しておりました。
    1. 1.外壁化粧防水材アロンウオール®の防水材、模様材等(製造期間1974年~2004年4月)
    2. 2.防水形複層仕上材フレスタイルの中塗材(製造期間1985年~2004年4月)
    3. 3.屋根用塗膜防水材アロンコート®の防水材(製造期間1972年~2004年4月)
    4. 4.土木用表面被覆材アロンブルコート®の中塗材(製造期間1991年~2004年4月)
    1の該当製品 アロンコート®ST,アロンコート®ホーローST,アロンコート®SB
    アロンコート®SL,アロンコート®MG,アロンコート®MB
    アロンコート®SS,アロンコート®SC
    2の該当製品 フレスタイルSK
    3の該当製品 アロンコート®SA
    4の該当製品 アロンブルコート®A-100
  1. 2.該当製品の処理方法
    1. 2-1.弊社該当製品の建材の種類
      弊社該当製品の建材の種類は、石綿含有スレートボード、石綿含有ビニル床タイル、石綿含有ルーフィング等と同じ「その他石綿含有建材(成形板等)」となります。

      『目で見るアスベスト建材(第2版)』(P.5)(平成20年4月25日国土交通省)による[PDF:2.53MB]

    2. 2-2.該当製品が施工された建築物の解体時の除去法
      1. 1.

        解体時の注意事項
        弊社該当製品の作業レベルは、レベル3 に準拠して下さい。解体作業は『目で見るアスベスト建材(第2版)』(P.48~51)(平成20年4月25日 国土交通省)を参考に実施してください。
        また、関係する法規は「労働安全衛生法」、「石綿障害予防規則」、「大気汚染防止法」、「廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)」、「建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)」となります。

        レベル3とは、以下に該当します。

        • 発じん性が比較的低い作業
        • 石綿含有建材(成形版等)の除去作業
        • 湿式作業を原則として、発じんレベルに応じた防じんマスク、保護衣、作業衣の使用

        参考

        『石綿による環境汚染・健康障害をなくそう!』(平成26年6月6日 厚生労働省・国土交通省・環境省)[PDF:588KB]

      2. 2.

        解体したがれきの処理方法
        『目で見るアスベスト建材(第2版)』(発じんの度合いによる作業レベルP.6~7、P48~51)(平成20年4月25日 国土交通省)を参考に、廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)、建設リサイクル法(建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律)に準じた処理を実施してください。

本件に関するお問い合わせ先

東亞合成株式会社
機能化学品事業部 建材・土木グループ 電話 03-3597-7341