コンプライアンス

東亞合成グループは、法令遵守を前提に、企業理念を重視した経営を推進するため、次の通り社内体制を整えています。

「東亞合成グループ行動憲章」および「東亞合成グループ行動基準マニュアル」

国内外の当社グループのすべての役員・従業員が良き社会人として行動するための根本規範である「行動憲章」および役員・従業員に求められる正しい行動のよりどころである「行動基準マニュアル」を制定しています。「行動憲章」および「行動基準マニュアル」は、派遣社員やパートタイム社員にも準用します。

コンプライアンス委員会

当社グループでは、役員および社外委員の弁護士で構成したコンプライアンス委員会を設置しています。同委員会は、コンプライアンスを重視した経営を行うために、当社事業所ならびにグループ各社(海外現地法人含む)のコンプライアンス施策の実践状況を監督・調査し、改善勧告を行っています。

コンプライアンス教育

当社グループでは、コンプライアンス意識浸透のため、階層別の教育はもちろん、社会問題化した事例をテーマとした全体教育を定期的に行っています。さらに、コンプライアンスハンドブックを国内のグループ各社全従業員に配布し、全体教育を行うなど、法令や規則の遵守だけに止まらず、企業人として高い倫理観を醸成するよう、継続的・網羅的な教育に努めています。

取引の適正化

当社グループでは、適正な取引を行うため、「行動基準マニュアル」に独占禁止法の遵守や贈賄の禁止などについて定めています。また、従業員の理解を深めるため、実践的な遵守マニュアルを備え、e-ラーニングなどにより定期的な教育を実施し、さらには各事業所への監査を通じて周知徹底を図るなど、取引の適正化に努めています。また、独占禁止法に抵触するような行為を防ぐため、「独占禁止法遵守委員会」を設置し、法令違反を防ぐ仕組みづくりに努めています。

企業倫理ヘルプライン

当社グループでは、コンプライアンスに関する問題を早期に発見して解決する自浄システムとして「企業倫理ヘルプライン(コンプライアンス・ホットライン)」を設け、グループ報・掲示板で従業員に周知しています。社内、社外の2系統の相談窓口を用意し、書面、電話、電子メールで連絡を受けつけています。また、当該制度に基づき通報を行った人に対し、不利益な取り扱いは行わないことを定めています。

個人情報保護

当社グループでは「個人情報保護方針」を策定し、グループ各社に共通する遵守事項を定めています。また、業務に関連して収集した個人情報や従業員の個人情報を適正に管理するための体制や措置、具体的な取扱方法などを「個人情報保護規程」に定めています。