沿革

  • 1933年
    • 福澤桃介翁
    • 矢作工業全景
    福澤桃介が当社の母体となった矢作工業株式会社を名古屋で設立
  • 1942年
    第2次矢作工業株式会社設立、これをもって当社の設立とする
  • 1944年
    矢作工業株式会社が昭和曹達株式会社・北海曹達株式会社・レーヨン曹達株式会社の3社を吸収合併し、社名を「東亞合成化学工業株式会社」とする
  • 1957年
    • 新設当時の徳島工場
    徳島に苛性ソーダと有機溶剤を生産する
    新工場(徳島工場)を開設
  • 1960年
    • 増設後のアクリル酸エステルプラント
    わが国初のアクリル酸エステルの企業化に成功
  • 1963年
    • 発売当初の「アロンアルフア®
    • 各地で行われた「アロンアルフア®」のPR活動
    瞬間接着剤「アロンアルフア®
    生産開始
  • 1971年
    • 発売当初の家庭用「アロンアルフア®
    家庭用「アロンアルフア®」発売開始
  • 1973年
    • 名古屋工場にプロピレン法アクリル酸エステルのプラント完成
    • 関係会社東亞樹脂工業株式会社が、株式会社寺岡製作所と合併、
      「アロン化成株式会社」発足
  • 1983年
    • 設立当初の大分ケミカル全景
    アクリル酸の製造を目的に「大分ケミカル株式会社」を設立
  • 1985年
    • イオン交換膜法苛性ソーダプラント
    名古屋工場の苛性ソーダ製造方式を、水銀法からイオン交換膜法に転換
  • 1988年
    徳島工場の苛性ソーダ製造方式を、隔膜法からイオン交換膜法に転換
  • 1989年
    Toagosei America Inc.を設立
  • 1991年
    • 「つくば研究所(現先端科学研究所)」を開設
    新技術・新製品の開発を目的とした「つくば研究所(現先端科学研究所)」を開設
  • 1993年
    香港にアロンアルフア®の販売を目的とした「東亞合成香港有限公司」を設立
  • 1994年
    • 初の海外工場をアメリカに設立
    • 東亞合成化学工業株式会社創立50周年を機に社名を東亞合成株式会社と改称
    • 米国オハイオ州コロンバス近郊に初の海外工場を完成
  • 1995年
    中国本土でのアロンアルフア®の充填・包装工場「東亞合成(珠海)有限公司」を設立
  • 1999年
    • Toagosei Singapore Pte Ltd.のアクリル酸エステル生産設備
    シンガポールにアクリル酸、アクリル酸エステルの生産設備が完成。運転を開始
  • 2000年
    台湾で光硬化型樹脂の製造、販売を目的に「東昌化学股份有限公司」、
    「台湾東亞合成股份有限公司」を設立
  • 2004年
    光硬化型樹脂の製造・販売を目的とする張家港東亞迪愛生化学有限公司を設立
  • 2006年
    高分子凝集剤事業を分割し、MTアクアポリマー株式会社を設立
  • 2011年
    • R&D総合センター
    • R&D総合センターを開設
    • アロン化成株式会社を完全子会社化
  • 2013年
    • 使用電力を従来の3分の2まで低減できるガス拡散電極法電解設備
    • 鶴見曹達株式会社及び日本純薬株式会社を吸収合併
    • 徳島工場でガス拡散電極法電解設備を導入し、世界で初めて商業運転を開始