人権尊重

東亞合成グループでは、人権に配慮した公平・公正な処遇を行っています。

人権尊重

当社グループでは、経営理念の事業姿勢に「人を大切にする会社」と明記しています。国内外で「強制労働の禁止」「児童労働の廃絶」など、基本的人権を尊重していることはもちろん、高齢者、育児中の女性、外国籍の従業員など、多様な人財の個性を尊重しつつ、その能力を発揮できる働きやすい環境づくりに努めています。また、従業員を対象とした人権研修会を行い、モラルアップを図っています。

セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント対策

当社グループでは、就業規則にセクシュアルハラスメント・パワーハラスメントの禁止を明記し、従業員全員に周知しています。また、社外・社内に企業倫理ヘルプラインを設け、通報者および個人情報を保護しつつ速やかな対応を図るようにしています。

障がい者雇用・高齢者雇用

当社グループでは、障がい者の方々の自立を支援するため、障がい者の雇用拡大に努めています。雇用率2.0%以上を維持し、更なる障がい者の就業機会の創出に向けた職場環境の整備を進めていきます。
また、高齢者雇用については、2013年4月より、定年年齢を60歳から65歳へと引き上げ、公的年金受給開始年齢の引き上げに対応し、シニア世代の能力の活用を目指しております。

男女雇用機会均等

当社グループでは、男女を問わず、募集・採用、配置、昇進、研修などについて広く均等な機会が得られ、かつ社員がやりがいを持って意欲的に働けるよう、今後も職場環境の整備に取り組んでいきます。

ワーク・ライフ・バランス実現への取り組み

当社グループは、従業員の「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」の実現に取り組んでいます。家族と過ごす時間、自分の時間を持ってもらうとともに、働き方(仕事のやり方・進め方)を見つめ直すことで、仕事そのもののパフォーマンス向上につなげてもらえるように、年次有給休暇の取得促進や退社時刻の設定、休日を増やせる交替勤務制への変更等を行っております。また育児や介護に関しては、家庭と両立しながらキャリア形成を図れる環境づくりを進めています。今後も多様な観点から、ワーク・ライフ・バランスを推進するため、働き方の変革を進めていきます。