No.03 事業部

新興国の新規顧客開拓に取り組んでいます

塩原 悠

ポリマー・オリゴマー事業部オリゴマー部 2012年入社

!若いうちから仕事を任せてもらえる

就職活動では業種を絞らずにさまざまな業界を研究しました。就職活動を進めていく中で、当社の看板製品である「アロンアルフア」を通じて、東亞合成という会社を知りました。

苛性ソーダなどの無機化学品やアクリル酸等のコアビジネスに安定感が感じられ、また会社の規模も大き過ぎないことから、歯車になることなく、やりがいを感じながら仕事が出来ると考え、入社しました。実際に仕事をしてみると一人ひとりに与えられる裁量は大きく、若いうちから色々な仕事を任せてもらえています。

!「アロニックス」の損益管理、製販バランスの管理

現在、私が所属しているポリマー・オリゴマー事業部は、アクリルポリマーや特殊アクリレート等のアクリル川下誘導製品を取り扱っており、私はインキや塗料などの原料となる光硬化型樹脂「アロニックス」という製品を担当しています。

私が主に担当している業務は損益管理、製販バランスの管理の2つです。損益管理では、月次、年次や製品銘柄、需要家ごとの損益解析・管理を行い、損益改善の提案、関連部署との連携による改善策の実行を行っています。製販バランスの管理では市場の需要や製品の生産状況を勘案しながら生産計画の立案を行っています。

!川上、川下の動向を考慮し、最適な案を立案

光硬化型樹脂「アロニックス」は用途や地域によって需要動向が異なってくるので、用途や地域ごとの特徴をよく把握して、販売計画を立案していくことが必要です。また主原料もナフサ価格や需給バランスにより大きく変動します。

こうした川上、川下の動向を考案しながら、状況に応じ最適な事業計画、販売計画を立案しなければなりません。難しく、責任がある仕事だからこそ、やりがいもあり、そうした仕事に携わることができて幸せだと感じています。

!早い段階で海外駐在を経験したい

現在、海外の需要家からの問い合わせが増えており、中国、台湾や東南アジアの新興国の新規顧客開拓に取り組んでいます。当社全体としても海外展開に注力しており、今後も海外展開を加速させていく予定です。私も早い段階で海外駐在を経験し、これまで日本で身につけた知識や考え方のうち、海外で通用するもの、しないものを見極めながら、グローバルに通用する人材になりたいと考えています。

!自分がやりたいことを明確にする

就職活動では、今後自分が何をしたいかを自己研究することが大事だと思います。

自分がやりたいことを明確にした上で、それにあった仕事、会社を選ぶことで入社後のギャップがなく、自分の望んでいた仕事ができると思います。自分にあった仕事、会社を選ぶために、いろいろな会社に訪問し、先輩社員から話を聞いてください。

一日のスケジュール

08:30
出社

メールチェックを行い、本日の予定を確認

10:00
グループ内ミーティング

グループ内での各種案件の進捗を報告

12:00
昼食

13:00
先月度の損益解析
15:00
営業から情報聴取し、
工場と生産調整打合せ
17:15
帰宅