No.08 経理・財務

仕事は裏方ですが、いないと会社は回らない

管理本部財務部 2009年入社

経済学部

!学生の意見も受け入れる度量の広さを実感

「ものづくり」の中でも、「素材づくり」という一からのものを作る化学メーカーでなら、幅広い分野で社会の役に立つ製品づくりに携わる仕事に関わり、やりがいを得られるのではと考え、就職活動は化学メーカーを中心に行いました。

その中で、東亞合成の説明会や面接で出会った社員の方たちの印象が、なじみやすくアットホームな雰囲気で働きやすそうだと感じました。

また、面接で出た「東亞合成の問題点は何か?」という質問に、当時有価証券報告書について勉強していた私は、東亞合成のそれについて、「文脈が矛盾している」、「方向性が分かりにくい」など、とても生意気なことを意見してしまいました。後悔したのですが、発言後も朗らかに対応してくれて、後日採用までしてくれました。学生の意見も受け入れてくれる度量のある会社だと実感し、入社を決めました。

!会社の資金に関わる重要な仕事を担当

私は今、資金繰りの状況確認や、資金の調達運用の実務から金融機関への対応など、会社の資金に関わる仕事全般を担当しています。

入社して1~2年目は子会社の工場の経理を担当していました。東亞合成はメーカーですから、工場で作る製品が主役です。製品に対する理解がなければ、損益の数字だけを見ても、この数字がなぜ出てきたのか本質的な理解ができません。ですので、最初の2年間に現場を学ぶことができたことは、とても大きな財産になっています。

!裏方だが、自分が止まると会社も止まってしまう

仕事には「自分たちが止まってしまうと会社も止まってしまう」という気持ちでのぞんでいます。そして、責任の大きさとともにやりがいを感じています。高額の小切手を持って金融機関へ出かけるときは、これ以上ないくらい緊張しました。

経理・財務という私たちの仕事は、裏方です。でも私たちがいないと会社は回りませんし、対外的にも数字をきちんと出さないと信頼を失います。私はそれをきちんと認識し、誇りを持って仕事をしていきたいと考えています。

!FASS検定で最高水準の評価を得るまでに成長できた

大学時代は経済学部にいましたが、数字に強いわけでも何か資格を持っているわけでもありませんでした。それでも入社後からコツコツ勉強して、経理・財務スキルをはかるFASS検定で最高水準のレベルAという評価を得ることができました。日々の業務を経験することで、大きく成長できたことを実感しました。

また、東亞合成は就業時間内にきちんと成果を出すことが求められる社風ですので、資格の勉強などキャリアアップの時間が取りやすくなっています。さらに、仕事で迷ったときは周囲の社員がサポートしてくれる社風があります。こうした環境も自分の成長を支えてくれました。

将来は、チームや会社をまとめていくポジションになり、さらに責任の大きな意思決定ができる人材になりたいと考えています。その可能性を信じて、今後はもっと会社の全般的な知識を網羅して視野を広げていきたいと思います。

1日のスケジュール

08:00
出社

マーケット(為替、株式・債券市場)の状況を確認、メールチェック

09:00
社内業務

部内ミーティング、定常業務

12:00
昼食

13:00
打ち合わせ

金融機関とのミーティング

15:00
社内業務

資金の調達、運用等の提案資料作成

17:15
帰宅

明日の業務確認の上、帰宅