No.03 生産技術

1年目に処方した製品が今も海外の工場で製造中

名古屋工場生産技術グループ 2011年入社

理学系研究科 分子科学専攻

!アクリル事業の充実した製品群に惹かれた

化学の道に進んだきっかけは、研究への憧れです。研究している姿がかっこいいと感じ、自分でもやってみたいと思うようになりました。大学の研究室では有機合成を研究していて、そのときの知識を活かせる会社で働きたいと考えるようになり、何社か見ていくうちに、東亞合成が展開するアクリル事業の充実した製品群に惹かれました。

また、あまり大きすぎる会社ですと、自分が埋もれてしまうのではないかという懸念がありました。大きすぎない規模の会社であれば、割と大きな裁量を持って仕事ができるのではないかと感じ、入社を決めました。

!看板製品「アロニックス」の開発を担当

現在は、東亞合成の看板製品である光硬化型樹脂「アロニックス」に関する新規製品開発と製造フォロー、お客さまフォローの3つを担当しています。

製造フォローでは、工場の製造過程でトラブルがあれば対応し、お客さまフォローでは製品を納品後、何かトラブルがあればその対応をします。3つの中でのメインは新規製品の開発で、塗料からレジスト関連まで幅広く、お客さまのご要望に沿った製品を作っています。

!入社1年目で新製品を開発

新規製品の開発で思い出深い仕事がありました。入社1年目のことですが、あるお客さまが東亞合成の主力製品を、他社の安い製品に置き換えることをご検討されていました。そこで、早急にコストを削減できる新製品を検討し、なんとか処方を作ることに成功。大きなスケールでの試作も経験しました。まだ評価をしていただいている段階ですが、売り上げに貢献できることを期待しています。

新たなシェアを獲得するため今も海外の工場で、そのとき私が作った処方で製品を製造しています。試行錯誤してできた処方を大きなスケールで製造してもらったことは、やりがいにつながりましたし、とても自信になりました。

このように年齢はもちろん、性別も関係なく仕事を任せてもらえることが、東亞合成の魅力の1つです。仕事の割り振りでは差別を感じたことはありませんし、不自由を感じたこともありません。

!これまでの知識を活かして安定操業に貢献したい

今後は、自分の知見やノウハウをもっと増やして、よりスピーディーに新規製品の開発ができるようになりたいです。

また、工場で同じ製品を同じように繰り返し製造していても、同じものを安定して生産できないときもあります。私はアロニックスの開発で得た知見を製造現場にも活かして、お客さまに負担をかけないよう、安定操業に貢献したいと思います。

知識や経験は会社に入ってから得ることができます。より大切なのは、やる気だと思います。私も最初は知識がありませんでしたが、やる気を持って懸命に取り組むことで、あとから結果が付いてきました。自分のやりたいことに妥協せず、志を持って当社を選んでいただけたら嬉しいですね。

1日のスケジュール

07:40
出社

メールチェック、使用機器の準備

08:00
会議・実験

ミーティングの後、実験に着手

12:00
昼食

13:00
実験

実験の続き、顧客向けの資料作成

16:15
社内業務

実験の片づけ、データ整理など

16:15
帰宅