よくあるご質問

採用について

Q理系職種の採用選考で重視することは何ですか?
A研究内容というよりは、研究を通じて学んだこと、研究への姿勢や情熱といったポテンシャル面を見極めようとしています。もちろん、研究テーマが当社事業に合致していれば、より良いですが、そうでなくても問題ありません。
Q事務系応募にあたり、化学知識がなくとも問題ありませんか?
A問題ありません。入社時には化学のことを知らなくても活躍している社員は大勢います。むしろ、事務系(文系)の選考にあたっては、どのような目的意識を持って学生時代を過ごしてきたのか、そこから何を得たのかという点を重視します。
Q機械・電気系、建築・土木系出身者でも応募可能ですか?
Aぜひ応募して下さい。機械・電気系、建築・土木系出身者の方が活躍できるフィールドは沢山あります。新製品をつくるためには、新しいプラントの設計、新しい機械や設備の導入、立ち上げから立ち上げ後のフォローが必要です。また生産効率を高めるためには、プロセスの見直し、設備や機械の改造が必要となります。装置産業である化学メーカーにとって、機械・電気系、建築・土木系出身者であるエンジニアは貴重な存在です。少数精鋭であるがゆえに、若手時代から大きなプロジェクトに参加している社員もいます。
Q留学生の採用はありますか?
A当社は国籍等に関わらず、選考をしています。当社に興味を持たれた方は、ぜひエントリーして下さい。

仕事について

Q配属先や勤務地はどの様に決まるのですか?
A選考や入社してからの研修や実習を通じて適性を判断し、適材適所への配属に努めています。配属後は、年1回上司と面談を行い、現状や今後のキャリアについて要望や改善点を話し合う「自己申告制度」を設けています。尚、勤務地については、就業地域を限定した採用は行っておりません。こちらもご覧ください。
Q部署間の異動はありますか?
A様々な部署への異動も人財育成体制の一環であると考えております。個人によって差はありますが、各人の能力や適性、希望等を考え、ローテーションを行い、新たな考え方やスキルを身に付けてもらうことで、育成を図っています。
Q海外の赴任はありますか?
A技術系、事務系ともにあります。本人の能力や適性、事業環境によって、入社数年の若手時代から赴任している社員もいます。

教育・福利厚生について

Q教育研修体制について教えて下さい。
A新入社員研修、階層別研修、分野別研修、海外研究生制度、通信教育やeラーニングといった自己啓発支援制度などがあります。詳細は人財育成体制をご覧ください
Q新入社員研修について教えてください。
A入社後、数日間、会社概要やマナーについての講義や演習があり、以後は工場や研究所で数か月実習となります。
Q結婚や出産後も働き易い環境がありますか?
A結婚や出産に伴う各種休暇制度や、フレックス勤務制度等を設けています。育児休業実績としては男性の取得もあり、休業からの復帰率も高く、職場の理解や支援ある風土です。
Q社宅や独身寮はありますか?
A

各事業所に独身寮や社宅を設けています。また、自分で部屋を借りる場合は、住宅補助金を支給します。独身寮では、定期的にレクリエーションなども実施しています。

  • 立志寮(愛知県東海市)
  • 上大岡寮(神奈川県横浜市)

2017年度新卒採用のご案内

受付終了