人事部長メッセージ

会社が発展するには戦略に基づいて従業員が組織だって働くことが大切です。従業員が腰をすえて働けて、前向きに課題に挑んでいくためには、安定した人事制度、安心できる職場環境、効果的な人財育成支援施策を整えなければなりません。

当社は、2013年4月に定年を65歳に延長し、2014年および2015年の1月には給与水準の引き上げを行いました。2015年からは年次有給休暇の100%取得に取組んでいます(2015年実績は96.3%(単体ベース))。労働条件を良くしたいという思いからです。

人事制度、職場環境のもとで会社を動かすのは「ヒト」です。「ヒト」を財産ととらえ、「人財」として育むという考えは、30余年当社の中に貫かれています。人財育成施策は時代によって形を変えながら、従業員の気持ち・知識・技術を高めることを目指してきました。

事業の創成、新製品の開発は言うまでもなく、日々の仕事を進めるうえで困難な課題に向き合うことも少なくありません。そうした課題を解決するには、一人ひとりが主体的に考えて課題に取り組み、最後までやり遂げることが欠かせません。能力を伸ばし、最大限に力を発揮できる人財に育成する仕組みや風土が当社にはあります。

挑戦する気持ちのある人、やり遂げる情熱と粘り強さのある人、きちんと考えられる人をお待ちしています。

2017年度新卒採用のご案内

受付終了