建築・土木関連製品アロンブルコート®

橋梁(上部工、下部工、地覆、等)、ケーソン、桟橋などの補修工事に。

アクリルゴム系表面被覆材により、コンクリート土木構造物の早期に劣化させる塩害・アルカリ骨材反応・中性化・凍害からコンクリートを保護し、土木構造物の長寿命化に貢献する工法です。

特長

土木建造物の早期劣化を防止する延命化にするアクリルゴムのユニークな特長

私たちの生活を支える土木建造物は後生に残すべき重要な社会資本。

近年、この社会資本維持の機運がますます高まるなか、土木建造物の早期劣化(コンクリート建造物の塩害・アルカリ骨材反応・中性化…)が重大な問題となっており、その防止技術の確立が早急な課題となっています。

東亞合成の開発した「アロンブルコート®」は、超柔軟厚膜形アクリルゴム系表面被覆材で、土木建造物の早期劣化を防止する数々のユニークな機能を持っています。

アロンブルコート®の特長

ひびわれに対する追従性に優れています。

アクリルゴムは、あらゆるゴム系高分子材料の中で、柔軟に耐久性に優れたものとして知られています。この機能により、「アロンブルコート®」は、下地(コンクリート)に発生したひびわれに対して、長期的に塗膜が破断せずに追従する、「ひびわれ追従性」に優れています。

劣化因子の遮断機能に優れています。

アクリルゴムは緻密です。このため、水、酸素、二酸化炭素、塩分などの構造物の早期劣化因子の遮断機能に優れています。この遮断機能は、優れたひびわれ追従型と相まって、長期間維持されるため、構造物の早期劣化防止に最適です。

水蒸気を通し易い性質があります。

アクリルゴムは、水、酸素、二酸化炭素、塩分に対する遮断機能に優れる反面、水蒸気だけは、選択的に通し易いというユニークな性質を持っています。この性質により、「アロンブルコート®」をコンクリート構造物に施工した後でも、コンクリートの含水率を低減する効果が期待でき、コンクリート中の水分が大きな劣化原因となる、アルカリ骨材反応や凍害の防止に威力を発揮します。

アロンブルコート® 各工法の特長と用途

コンクリート構造物の維持修繕を目的とした、土木用超柔軟厚膜形アクリルゴム系表面被覆材「アロンブルコート®工法」の各工法の特長と用途について、表-1に比較しました。コンクリート構造物の塩害、アルカリ骨材反応、中性化、凍害などに対する劣化防止には、アロンブルコート® Z-Ⅰ、Z-Ⅱ工法を、中性化防止と景観を考慮した予防保全にはアロンブルコート® Z-Ⅲ工法を選定して下さい。尚、各種機能に加え剥落防止機能を付加した工法としては、Z-Ⅰ工法(特記;ビニロンメッシュ仕様)があります。

表-1)アロンブルコート®各工法の特長と用途

各工法の特長と用途はこちら

[記号]◎:最も優れる、○:優れる、△:良、-:対象外

施工事例
[塩害とアルカリ骨材反応の被害を受けたコンクリート構造物の補修事例]

約10年経過後において、アクリルゴム系表面被覆材の汚れの付着は認められるが、著しい塗膜の不具合(割れ、ふくれ、剥がれなど)は認められない状況。

施工前(1994年) 約10年経過 施工後(2004年撮影) 

用途

土木構造物の表面被覆

仕様
カタログ・
リーフレット

お気軽にお問い合せください。

フリーダイヤル0120-557-947

お問い合せ

ダウンロード資料

各種カタログ・資料

SDS

製品一覧へ戻る