無機機能材料負熱膨張性フィラー「ウルテア®

ウルテア(ULTEA)は、リン酸ジルコニウムからなる負熱膨張性フィラーです。
耐熱性、耐薬品性に優れ、ガラスや樹脂に添加することで熱膨張を効果的に抑制でき、耐熱性の向上、ワレの防止などに役立ちます。

特長

特長

  • 広い温度範囲(~800℃)で負の熱膨張特性を発揮します。
  • 耐熱性が高く、高温(800℃)で処理しても分解しません。
  • 安全性が高く、環境毒性のある重金属を使用していません。

効果

ガラス(P系)にウルテアを混合し520℃で溶融成型したものの熱膨張係数をTMA(熱機械分析装置)により測定すると、添加量に応じて熱膨張を抑制できることがわかりました。また、エポキシ硬化物(ビスフェノール系+酸無水物)にウルテアを添加しても熱膨張抑制効果がみられました。


P系ガラスの熱膨張係数の変化


エポキシ硬化物の熱膨張係数の変化

ガラス(P系、Bi系)にウルテアを20vol%混合し溶融成型したときの形状は、下の写真の通りです。

用途

封着ガラス(蛍光管、PDP、有機EL等)、接着剤、他

仕様

一般特性

グレード表はこちら

お気軽にお問い合せください。

03-3597-7960

お問い合せ

ダウンロード資料

SDS

製品一覧へ戻る