研究開発体制

  • 次世代新製品開発を加速させるため、R&D総合センター内に基盤技術研究所、応用研究所、製品研究所、生産技術研究所を設置し、基礎研究から応用研究、製品開発、生産技術開発まで一貫した研究開発体制を確立
  • コア技術とそれらを構成する要素技術の体系化・明確化とともに要素技術の組み合わせ、新技術との融合により、ユーザーニーズに直結した独自製品の開発を促進
  • R&D総合センターを名古屋工場隣接地に設置し、研究開発・生産技術・製造の各部門間の連携を強化