東亞物流株式会社

貨物利用運送事業、荷主工場の構内作業および運搬事業、前各号に関連する一切の事業。

本社
〒455-0026
名古屋市港区昭和町17番地の23 東亞合成(株)名古屋工場内
TEL:052-611-7661 FAX:052-611-9878
統括部
〒105-8419
東京都港区西新橋一丁目14番1号 東亞合成ビル内
TEL:03-3597-7253 FAX:03-3597-7424
SCMセンター
〒933-0981
富山県高岡市二上院内500 東亞合成(株)二上構内
TEL:0766-44-7450 FAX:0766-44-7470

会社概要
  • 商号
    東亞物流株式会社
  • 設立
    1950年1月
  • 資本金
    1,600万円
  • 株主
    東亞合成株式会社(100%)
  • 住所
    名古屋市港区昭和町17番地の23 東亞合成(株)名古屋工場内

グループ会社

  • 四国東亞物流株式会社(東海運株式会社との共同出資)
  • 北陸東亞物流株式会社(東光運輸株式会社との共同出資)

主要取引先

  • 東亞合成株式会社、愛生運輸株式会社、アシオ運輸株式会社、東海運株式会社
  • 石黒運送株式会社、清徳運輸株式会社、西濃運輸株式会社、東亞興業株式会社
  • 東光運輸株式会社、南名運送株式会社、名港海運株式会社、森洋運輸株式会社
  • 由良海運株式会社、立正オート運輸株式会社
沿革
  • 1946年11月
    新興組を設立、東亞合成化学工業株式会社(現.東亞合成株式会社)ほか近隣企業を荷主として、名古屋鉄道株式会社名電築港駅において限定通運事業の免許(名鉄陸第224号)を受け、営業開始。
  • 1950年1月
    1950年1月株式会社組織とし、社名を名築運送株式会社に変更。資本金100万円。
  • 1951年3月
    東亞合成株式会社の運送作業を受託する株式会社東港運送店を吸収合併。
  • 1952年5月
    東亞合成株式会社を荷主として、特定貨物自動車運送事業の免許(名陸自貨第497号)を取得。
  • 1953年11月
    名古屋港における第4種沿岸荷役事業を登録(名古屋港4種第45号:現在は廃止済み)
  • 1954年8月
    東レ株式会社名古屋事業場の硫安生産開始に伴い、硫安のトラック積込作業、輸送を受託。
  • 1965年8月
    名古屋臨海鉄道株式会社の設立により、昭和町駅、東港駅、船見町駅を取扱い駅として通運事業の免許(名陸自第3470号)を取得。
  • 1972年5月
    名古屋臨海鉄道南港駅、知多駅の専用線における通運事業の積卸免許(名陸自第8400号)を取得。
  • 1972年7月
    東亞合成株式会社の資本参加(持株比率11.25%)を受け、同社名古屋工場物流関連業務を受託。
  • 1980年6月
    自動車運送取扱事業(名陸自貨一第389号)を登録。
  • 1982年3月
    東亞合成株式会社持株比率30%。
  • 1983年9月
    名古屋臨海鉄道南港駅における通運事業コンテナ-貨物取扱の免許(名陸自通第211号)を取得。
  • 1984年4月
    海運代理店業を届出(代理名142号:現在は廃止済み)
  • 1995年6月
    物流ニ法の制定により、貨物自動車輸送および通運事業の許認可・登録を以下の通り整理統合。
    • 1)第2種利用運送事業(中運自貨取第197号)
    • 2)貨物運送取次事業(中運自貨取第198号)
  • 1995年7月
    3)一般貨物自動車運送事業(中運自貨ニ第730号:現在は廃止済み)
  • 1998年3月
    東亞合成株式会社の持株比率100%。
  • 1999年3月
    東亞合成株式会社名古屋工場の物流管理体制再構築として、同工場の物流関連部門が当社へ移管統合され、新物流管理センターとして再発足。
  • 2000年1月
    社名を「東亞物流株式会社」へ変更。
  • 2001年4月
    グループ会社「北陸東亞物流株式会社」設立。
  • 2001年6月
    グループ会社「四国東亞物流株式会社」設立。
  • 2010年4月
    東亞合成株式会社の受注・出荷調整部門(SCMセンター)が当社へ移管統合され、同社の受注から納品までの一貫体制の組織として再発足。
組織図

株主総会-取締役会-代表取締役社長-統括部-(品質管理グループ,SCMセンター-(名古屋出荷チーム,横浜出荷チーム,高岡出荷チーム,徳島出荷チーム,坂出出荷チーム,川崎出荷チーム,広野出荷チーム),名古屋製品チーム,坂出製品チーム,総務チーム)

国内グループ会社一覧へ戻る